ネットで稼ぐために効果的なマインドセット【稼げる人の考え方】

ネットで稼ぐことが普及しているのは事実ですが、本当に稼げるためには修羅の道を通る覚悟が必要かもしれません。

簡単に稼げるなんて甘い言葉を信じてはいけない。たくさんの「ネットで稼ぐプロ」がいます。たくさんのお金を稼ぎたいなら、やはりプロとしての仕事をこなす必要があります。

本気でお金を稼ぎたいとき、ネットの仕事と真剣に向き合うこと、そして「楽して稼ぐ」ことができるのは、仕事に慣れたあとの話です。まずは努力あるのみ。

 

ネットで稼ぐ方法は同じところに行き着く

ネットで稼ぐ方法、最終的に行き着くところは同じです。

すでに知っている人も多いかもしれませんが、ネットではこういった稼ぎ方ができます。

  • youtube
  • ブログ
  • アフィリエイト
  • クラウドソーシング

この仕事のほとんどが、広告ビジネスが関係しているってことも特徴です。ネットを使う人が増えているから、広告収入で稼げるチャンスも増えているってことですね。

お金を一人で稼ぐってことは、個人事業主となって稼ぐのと同じこと。

みんなが大変な思いでお金を稼いでいる、そんな海原で初心者が簡単に稼げるような、甘いものではありません。

 

稼げないで妥協する人がたくさんいる

ネットで稼ぎたいと安易に考えて始めた人には、稼げないことに妥協する人がたくさんいます。

だから、最初に「絶対にお金を稼ぐ」と覚悟を決めた方がいいですね。

「お金が欲しいですか?」と質問をすると、ほとんどの人が「お金が欲しい」と答えます。

「お金を稼ぐために何かやっていますか?」と質問すると、ほとんどの人が「やっていない」と答えます。

「なぜやらない?」と質問すると、ほとんどの人が「自分にはできない」と答えます。これに当てはまったら、ゲームオーバーです。

 

基本的に否定的な考え方をする人は、ネットでお金を稼げません。ネットに限らず、職場にもこんな考え方を持った人が周りにいませんか?こういう人たちの仲間になったら、絶対に稼ぐことはできません。

  • どうせやってもムダだと思う
  • 悪いことはすべて他人や上司のせい
  • 人の失敗や悪口が好き
  • 失敗を恐れて何もしない

マインドセットの必要性

ネットで稼ぐためには、自分の考え方を変える必要があります。

これがマインドセットと呼ばれており、深層心理に自分の行動や考え方を刷り込ませることです。

稼げないからやらない⇒稼げるように今すぐ行動する

 

このように、自分の行動や考え方を変化させるのは簡単でしょうか?

答えはNOです。人間って楽な方に流されやすいので、なんとなく「頑張ろう」では行動を変えられません。

だからマインドセットをして、稼ぐ自分に行動も考え方も変えていく必要があります。

 

マインドセットに必要なことは【動機・行動】です。

【動機】お金がないから稼いで今の生活を変えたい。家族に苦労させたくない。

【行動】毎日夜寝る前の3時間は、お金を稼ぐための行動をする。

「なぜ稼ぎたい?」という動機がボンヤリしていたら稼げません。じっくりお金を稼ぐ理由を考えてましょう。

例えば「稼げなければ生きていけない」という状況を想像してみて下さい。「3カ月後にネットだけで月5万円を稼げなければ命がない」と言われたら、今日から時間を無駄にせず命をかけて稼ごうと努力するはずです。

この例は極論かもしれませんが、「稼ぐ本気度」が高いほど稼げるのは間違いありません。自分を奮い立たせるためには、やるべきことを深層心理に刷り込ませ奮起する必要があります。

簡単で効果的なマインドセット

もっとも簡単にできるマインドセットは、目標を紙に書いておくこと。

そして、それをいつでも見られる場所に置いておくこと。

 

僕は、1円も稼げない時から「稼ぐ理由」をパソコンの横に箇条書きで貼ってます。

困難に負けそうになったとき、弱い自分を奮い立たせて、マインドセットをしています。

  • 「自由」のためにお金が必要
  • 大切な家族を守るためにお金が必要
  • 絶対にお金を手にして人生を変える
  • 絶対に「やって良かった」と思う日が来る

人間は弱いものだと理解しつつ戦う

「なんか今日やる気でないなぁ」と思ったとき、そのままダラダラと過ごした経験はありませんか?

人間は弱いもの、私も弱いもの、だから放っておけば楽な方へ流れていきます。

そんなとき、弱い自分の感情をボコボコにしてやっつける方法、それが自分が行動している目的です。

箇条書きにした目標を見るだけで、潜在意識に変化が起こり、困難に立ち向かう力を生みます。

 

「稼ぎたい」と思っただけでは、お金を稼ぐことはできません。

だけど「稼ぎたい」という気持ちを行動に移した人は、いつか「やって良かった」と思える成果を出せます。

必要なことは行動することのみ。すぐに行動に移せる人だけが、お金を稼げるようになります。

ランナーと評論家の違い

精神論と感じるかもしれませんが、稼ぐための本質は「できるかどうか」ではなく「やるかやらないか」です。

簡単なことで「走り出した人だけ」がゴールに近づくことができます。ゴールが遠いから「スタートしようか?」迷って、傍観者や解説者側に回っている人はたくさんいます。

彼らは「フォームが悪い」とか「根性ない」とか、ランナーの様子を見ているだけで、自分は走らず傍観しているだけ。他人を評価して自己満足するだけで、いつまでたってもゴールにたどり着きません。

ランナーと傍観者、どっちが「楽」でどっちが「辛い」かなんて言うまでもありません。

僕自身、テレビのコメンテーターや批評家を見て「こっち側に回ったら終わり」と思っています。

だって、すべての成果は批評から生まれるものではなく「行動をした人から生まれる」ものだからです。

ネットでお金を稼ぐなら「ランナー」になること。僕は「絶対に傍観者や批評家にはならない」と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です