ノウハウコレクターとはどういう意味?特徴をディスりつつ解説

「あの人ってノウハウコレクターだよね」

こんなこと、死ぬまでに言われたくないこと10選に入ります。

言われたら終わり、ノウハウコレクターとはそんな言葉です。

 

ノウハウコレクターとは?

ノウハウコレクターとは、言葉の通りノウハウ(know how、やり方、方法)をコレクト(収集)する人。

つまり、知識だけを振りかざして、中身が伴っていない人のことを指します。

明らかにディスるための言葉です。

職場やら親戚やら、周りを見渡すとチラホラ見つけることができます。

 

ノウハウコレクターの特徴

ノウハウコレクターの特徴は、こんな感じです。

  • 知識を振りかざし、あぁ言えばこう言う。
  • 知識を振りかざし、結果が出ないと言い訳を言う。
  • 知識を振りかざし、人よりも優れていることを主張する。
  • 知識を振りかざし、自分の正当性を主張する。
  • 知識を振りかざすことが生きがいである。
  • 知識人や成功者には奴隷のように従順、無条件で信じる。
  • 知識人の言葉を引用して、あたかも自分が言ったかのように振る舞う。
  • 間違いを指摘されると発狂する
  • 知識が乏しい人に攻撃的である
  • 言葉が巧みなのに、コミュニケーションが微妙に下手。
  • ただし、これらに該当しても、実力が伴えばノウハウコレクターではない。

私はノウハウコレクターが近くにいるので、とても鮮明にイメージできます。

意外と器用じゃない、そんなイメージもあります。

 

ノウハウコレクターとの付き合い方

ノウハウコレクターと付き合うには、それなりに我慢が必要です。

だって、聞きたくもない話を自慢げに話すので、それを聞くだけで苦痛になります。

 

ですから、ノウハウコレクターとはちょっと距離を置いた方がいいですね。

大事なところだけ話す、そんな感じにしないと、無駄知識を振りかざされてストレスが溜まります。内心ムカつくこともあるので、イラッとした時はこんな言葉で対処してください。

「こんな時、普通は○○だろう、だって○○だから」

「へぇ~、それやったことあるんですか?」

「・・・まぁ、それなりに(ゴモゴモ)」

「ですよね~、経験なしでは語れませんもの」

「そうだね・・(グサッ)」

 

ノウハウコレクターに「あなたはそれをやっていますか?」という問うた時、いまいちな反応になることがあります。

自分の知識が薄っぺらいこと、他人の言葉なので自分では経験したことがないこと、そんなことを話しているので、グサッと心に刺さりやすいです。

ノウハウコレクターに対処するには、感情的にならず、ちょっとだけプライドを折ってやる。

けっこう効果があるので、困ったときはこの言葉を使ってみて下さい。